白木 学社長
各社の顧問として
コアレスモータの実用化を指導!

 シコー技研時代、白木学が発表したコアレスモータは、モータ業界で注目を集め、サンプルの製作依頼が殺到しました。

@サンプルを製作し、
Aモーターメーカーを訪問し、
B技術説明を行いました。
これが技術顧問の始まりでした。
 
 当初は、社員数が3名しかいなかったため、これまでの訪問方式から
@依頼先の会社に技術者を長期に派遣してもらい、
Aモータ技術を教え、設計から試作まで直接指導し、
B出来上がった試作品を会社に持って帰ってもらう
という方式にしました。

 白木のもとで技術を習得した技術者は、会社に帰った後、同僚メンバーと一緒に習得した技術をもとに新たな自社製品の開発に取り組みました。


主な顧問活動

■日本サーボ
◆ウォークマンモーター
◆速度制御回路

 「白木の設計したモーターは回らない」と言われたが、結線をやり直した結果、
モーターは思った通りに回り、その後ウォークマン用に採用された。
 この逆転劇で、白木は日本サーボ会社の幹部から、大変な信頼を受ける事になり、
日本の小型モーター業界でも評判が広がった。


■アスモ

◆自動車ドアロック用モーター(30%軽量)
◆パワーウィンド用モーター
◆車の室内空気の温度センサー用モーター
◆ラジエター冷却用モーター 

 最初の仕事はモーターの軽量化で、約30%軽量化を実現した。
この技術はモーターのマグネット磁界の磁気路を閉じ、
自動車の鉄板をモーター本体に利用し、
安くて軽くなったと大変喜ばれた。
 
 その後、青木会長の紹介で、次の4社とも顧問契約ができた。
考えられないラッキーなことだった。
@アイシン
A豊田工機
B豊田織機
C東海理科電機


■デンソー

◆自動車用モーターの30%軽量化
◆ドアロック用モーター
◆パワーウィンド用M


■ブラザー工業

◆プリンター用モーター
◆ワイヤカット用モーター

 技術者3名が勉強の為、3年間シコー技研に駐在。
 写真はそのうちの一人、Mさん。
 安井社長にも会い、顧問契約を継続して戴いた。


■アイシン

◆自動車用モーター
◆30%軽量、体積小さい、力の出るモーター

 写真:アイシンのNさん
 他社からの派遣社員と一緒の部屋で
 一年間駐在して戴いた。良く勉強する人だった。
 今も交流が続いている。


■ナイルス部品

◆自動車用モーター
◆ウインドーウォシャー用モーター

   写真:Kさん
   社長の息子さんで、いつも、とてもユーモラスな
   人でした。


■豊田工機

◆工作機用アブソリュートエンコーダー

  技術者2名、
  2年間シコーに駐在して戴いた。
  写真中央:Tさん


■トヨタ自動車

◆自動機に使用されるモーター開発

  開発製品は、
  P車種に使用されたモーターの原型となった。
  写真:Mさん
  その後、豊田でブラシレスモーター(HV用)
  の管理長として活躍。
  名古屋大学でも研究に従事した。


■GM
 デルコ・レミ
 
:GMの子会社

◆ネオジウム磁石を使用する小型軽量モーター
◆ラジエター用空冷モーター

  GMがトヨタと技術契約を締結するにあたって、
  トヨタの裏にシコー技研という技術支援団体がある事を調査していた。
  その時、シコーはトヨタ自動車をはじめ、デンソー、アスモ、アイシンなど
  豊田関連6社と顧問契約を結んでいた。

  デルコ・レミは、豊田グループのデンソーと同じような位置づけの会社で、
  ネオジウムボンド磁石を発明した会社である。

  写真:白木社長
     デルコ・レミ社との打ち合わせのため渡米








■TDK

◆ハードデスクモーター
◆二重微細着磁 (メインマグネットに二重に着磁)

 TDKはそれまでは、モーターをやっていてなかった。
 本格的にモーター事業に取り組むようになったのは、
 シコー技研に出向してモータ技術を学んだSさん(写真)
 がグループを引率して頑張ったからだと思う。




コアレスモータ株式会社

〒242-0007
神奈川県大和市中央林間4丁目9番3−2号
  電 話:046−277−5022
メール:shiraki@cls-motor.net